久留米中央店

汚れにくく、耐久性に優れた溶剤塗料

住宅塗装をする際には塗料を選ぶ必要があります。塗料は大きく分けて「水性塗料」と「溶剤塗料」に分かれます。一概にどちらがいいということはなく、目的に合っているか、ニーズに合っているかで選ぶのがベストでしょう。

少しでも塗料選びにお役立ちできる様、ここでは溶剤塗料についてお話していきます。

水性塗料と溶剤塗料の違い

外壁塗装に使用される塗料は、主に【顔料】【樹脂】【添加材】【水・溶剤】の4つの成分から構成されています。この中で【水・溶剤】は、水性塗料と溶剤塗料に分けられます。水性塗料は水を含み、溶剤塗料は有機溶剤を含んでいます。

溶剤塗料の特徴

溶剤塗料は耐久性に優れ、ツヤを持続しやすく、汚れにくいという特長があります。密着性が高く、迅速な乾燥により作業効率が向上します。しかし、その一方で、強いニオイが挙げられます。これが水性塗料との主な違いであり、環境への影響が大きいとされています。長らく外壁塗装において主流でしたが、管理が必要であることから、「弱溶剤塗料」の開発が進み、強いニオイの軽減と同時に人や環境に優しい選択肢が増えています。

まとめ

一般的には、耐久性を考慮すると溶剤塗料が水性塗料よりも長持ちするためおすすめされます。しかし、近年では水性塗料もその性能が飛躍的に向上し、溶剤塗料に匹敵する耐久性を持つようになりました。また、臭いが強いと言われる溶剤塗料にも【弱溶剤タイプ】が登場し、その臭いが抑えられ、環境にも良いというメリットがあります。

このことから、どこを塗るのか、何を塗るのかによって適した塗料は異なるため、専門家のアドバイスを受けながら、用途や環境に適した塗料を選定することが重要です。