久留米中央店

モルタル壁は経年劣化以外にも乾燥で割れることがある?!亀裂が出来る理由をご紹介

モルタル壁は昔から住宅に使用されている外壁材で現在でも人気を集めています。表面が美しくしっかりとした外観は魅力的ですよね。そんなモルタル壁ですがひび割れを起こすことが多く、悩まされてきた方も沢山いらっしゃるかと思います。今回はモルタル壁のひび割れの原因についてご紹介していきます。

[モルタル壁が割れる原因]

①経年劣化…形あるものは月日が経てば劣化してきます。モルタルも同じで永遠と美しい見た目を保つことは難しいのです。又、屋外にあるため紫外線や雨などの影響で徐々にダメージを受けます。

②地面の揺れ…大きな地震での振動、その他に住宅の周りをトラックが通過した際にも地面が揺れることがありますよね。よほどのことがない限りひび割れは起きづらいですが、外壁が劣化していたり、地面の揺れが酷い場合は割れやすくなります。

③乾燥…モルタルの原料はセメント、砂、水で出来ており、このうちの水が乾燥した際にひび割れが起こりやすくなります。モルタル壁を左官で塗りつけてから2~3年乾燥し続けると言われています。

今回はモルタル壁がひび割れを起こす原因についてご紹介していきました。次回はひび割れたモルタル壁の修復方法についてご紹介していきます。