久留米中央店

メリットがある10年おきの工事

前回は塗装工事が10年と言われる理由についてお話ししました。実際に10年おきに塗装工事を行うとどのような効果を得ることができるでしょうか?今回は10年おきの塗装工事についてお話していきます。

10年おきの工事は以下のようなメリットが存在します。

  • ①美観の維持…塗料の耐久性によってはひび割れや塗膜の剥がれなどの大きな劣化が起こる前に塗り替え工事をすることができ、定期的なメンテナンスで美観を長期維持することが可能になります。
  • ②防水効果の維持…塗膜には防水効果があり、紫外線や雨風、経年劣化によってその機能は弱まってきます。10年おきの塗装工事を行うことで防水効果の維持ができます。
  • ③耐久性の向上…定期的な工事で大きな劣化を防ぐため外壁や屋根の耐久性が向上し、劣化や腐食から建物を保護します。
  • ④コスト削減…塗装工事を行った住宅の中には劣化が激しく補修工事が必要になり工事金額が高くなるということも珍しくありません。10年おきの工事で修復工事を未然に防ぎ工事のコストを抑えることが可能です。

この様に10年おきの工事には沢山のメリットがあり、外壁の健康状態を長期維持することができます。今回は10年おきのメリットについてお話ししました。