久留米中央店

外壁塗装工事で足場はなぜ必要なの?

塗装工事をされたことのある方、近隣の方が塗装工事を行っているという方なら住宅の周りに鉄の骨組みが建てられているのを見たことがあるでしょう。

それは、塗装工事や解体工事などの建築工事で欠かせない「足場」です。以下に足場の役割を簡単にまとめました。

【塗装工事での足場の役割】

●仕上がり確認…足場を組むことで、下からでは分かりにくい塗り残しや色ムラなどをしっかり確認し、綺麗に仕上げていきます。

●塗料の飛散防止…足場の周りに飛散防止ネットを張ることで、塗料が飛び散ってお客様の車や近隣の外壁に塗料が付着するのを防ぐ役割があります。

●職人の安全…建物の塗装工事は高い場所で行われるため、落下防止のために足場が組まれます。安全に作業するだけでなく、塗装職人の命を守る役割も果たしています。

足場の役割は沢山あり、業者の作業性を上げるだけでなく美しい仕上げにするために使用される大切なものになります。今回は足場の役割についてお話ししました。