久留米中央店

美しい外観を保つために必要な下地処理

塗装工事における下地処理は、美しい外観や長寿命の塗膜を確保するために欠かせない工程です。下地処理が不十分だと、塗膜が劣化しやすく、塗装の効果が持続しない可能性があります。 

最初に行われるのは、

高圧洗浄です。外壁表面の汚れやカビ、苔、藻などを強力な水圧で除去し、クリーンな状態に整えます。これにより、塗料が外壁にしっかりと密着しやすくなります。 

次に、

クラックや傷がある場合は、これらを補修します。外壁の傷みや亀裂が放置されると、塗膜の剥がれや浸水の原因となります。適切な補修によって、外壁の強度が保たれ、塗膜の耐久性が向上します。 

窯業系サイディングの場合、目地のシーリング打ち替えも行います。目地が劣化すると水が侵入しやすくなり、建物内部への損害が生じる可能性があります。定期的なシーリングのメンテナンスにより、防水性を確保します。 

さらに、

塗装を行う面の汚れや古い塗膜をヤスリや工具で丁寧に削り取るケレン作業が行われます。これにより、新しい塗料が外壁にしっかりと密着し、均一で美しい仕上がりを実現します。

下地処理は、塗装工事において手を抜かずに行うべき不可欠な工程です。適切な下地処理によって、外壁塗装がより効果的で美しく、長期間にわたって持続することが可能となります。建物の外観を美しく保ち、耐久性を確保するためには、信頼性のある塗装業者に依頼し、丁寧な下地処理を行うことが重要です。