久留米中央店

DIYなどにも使われる万能塗料・水性塗料

今回は使い方無限大。DIYでもお手軽に使える水性塗料についてご紹介します。

水性塗料とは

水性塗料は、水を希釈剤として用いた塗料の総称です。この塗料は、顔料や合成樹脂などの成分を水で調整して作られ、使用される希釈剤によって性質が大きく変わります。水性塗料は水を希釈剤として使用しているため、その性質は水に近い特性を持っています。水性塗料は、取り扱いがしやすく、その高い安全性からDIYなどにも幅広く利用されています。

水性塗料のメリット

●価格が安い 

 シンナーなどの溶剤に比べて水は製造コストが抑えられ、販売価格も手頃です。特に外壁塗装などで大量の塗料が必要な場合、水性塗料は費用が抑えられるのが魅力です。

●耐久性に優れている

 技術の進歩により優れた耐久性を持ち、長期間にわたって維持されます。

●臭いが少ない

 水を希釈剤とするため、強い臭いはありません。室内の臭いがこもりやすい場所でも安心して利用できます。

●作業がしやすい

 蓋をして保管すれば、開栓後でも翌日に使用することができます。

●安全に保管できる

 水に近い性質を持つため引火の心配がなく、特別な手間なく簡単に保管することができます。

●VOCを大幅に削減できる

 揮発性有機化合物(VOC)を含まない、環境にやさしい塗料です

●DIYに向いている

 取り扱いが簡単で安全性が高いためDIYにも使用できます。乾燥前であれば手についた塗料も石鹸で洗い流すことができます。

まとめ

水性塗料は環境に優しく、安価で取り扱いが容易。耐久性もあり臭いが少なく、VOCを含まずDIYにも適しているため、幅広く人気のある塗料です。塗装をご検討させる際には是非候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。