久留米中央店

外壁塗装で使われる塗料の成分について

塗料は主に「顔料」「樹脂」「添加剤」「溶媒」の4つの成分から成り立ち、これらの成分はそれぞれ「保護」「美観」「特別な機能」といった3つの主要な機能を実現するために重要な役割を果たしています。また、各成分には多くの種類が存在します。

今回は、その成分についてお伝えします。

【顔料】

顔料は塗料の色を提供し、表面に均一な色彩を与えます。さらに、塗料の特性を向上させたり、保護機能を果たすこともあります。

【樹脂】

樹脂は塗料を結合し、表面に固着させる重要な役割を果たします。樹脂は乾燥すると硬化し、塗膜を形成し、耐久性を向上させます。

【添加物】

塗料の性能を向上させるために使用され、沈殿を防いだり、たれを防いだり、塗装中の気泡を予防したり、表面の滑らかさを向上させたりします。

【溶媒】

溶剤は、樹脂、顔料、添加剤を液体の形態に溶かして、塗料が塗布可能な状態にする役割があります。これにより、物の表面を均一に塗り、塗膜を形成するのに役立ちます。

これらの成分が組み合わさり、さまざまな種類の塗料が製造されます。