久留米中央店

雨の日に外壁塗装工事をしない理由

皆さん誰しも塗装工事をするとなると、晴れた日が望ましいですよね。塗装工事は寒冷地以外であれば年中工事が可能ですが、基本的に雨が降っている時に塗装工事は行いません。上がりに影響してくるので今回はどんな影響があるのかをお話ししていきたいと思います。

〖雨の日に塗装工事をしない理由〗

〇塗膜の品質が下がる

雨の日の塗装工事では塗料に雨が混ざってしまう可能性があります。塗料本来の機能が発揮されづらく、塗料の品質が下がりやすいため梅雨時期に塗装工事が行われないのも1つの理由です。

 

〇塗膜の密着が弱くなる

雨が降った日は湿気が多く、外壁が湿っていたり、濡れていることがあります。湿った外壁への塗装は塗膜が外壁にしっかり密着せず、塗膜の剥がれを引き起こす原因となります。仕上がりに影響が出るため、塗装工事を中断することが多いです。

 

今回は雨の日に塗装工事が行われない理由をお話ししました。