久留米中央店

色がない塗料はどこに使われる?まずはクリヤー塗料の特徴を知ろう!

外壁を彩り、保護する塗料には様々な種類やカラーが存在します。中には無色透明な塗料<クリヤー塗料>というものがあり、これも外壁塗装に使用されています。

以下にクリヤー塗料の特徴をご紹介していきます。

〔クリヤー塗料の特徴〕

⑴外壁の素材や色を活かし塗装出来る

色が付いている塗料を使用すると下地が隠れ外壁材の印象がガラッと変わりますが、クリヤー塗料は色が付いていないため外壁材の色や素材感を残したまま塗装できます。気に入っている外観をそのままに外壁の保護ができるのです。

⑵艶を付ける事が出来る

クリヤー塗料は基本的艶があり、外壁の艶を維持させるために使用されることもあります。艶あり塗料の光沢は約3年ほどで消えてしまいますので、艶だけ付けたい方などにおススメな塗料になります。

⑶防汚性がある

表面が滑らかなため汚れが付きにくい特徴があります。又、凹凸がないためカビやコケの繁殖を抑えることが可能です。

今回は、クリヤー塗料の特徴についてご紹介しました。クリヤー塗料での塗装は、透明だからこそ出来る仕上がりがあります。次回はクリヤー塗料のメリットについてお話ししていきたいと思います。