久留米中央店

夏の外壁塗装は最適な時期?夏の塗装の良い点と悪い点を理解しよう

前回は春の塗装についてご紹介していました。今回は夏の塗装についてです。夏の季節は、気温が高く日照時間が長いため、塗装工事にはさまざまなメリットがありますが、同時に注意が必要なデメリットも存在します。以下に、夏の塗装工事に関するメリットとデメリットを紹介します。

メリット

塗料の乾燥が早い

気温が高い夏は、塗料が早く乾燥します。これにより工程がスムーズに進み、作業全体のスピードが向上します。

安定した天気

基本的に夏は天候が安定しており、急な雨や気象の変化が起こらない限り工事の中断が少ない季節です。これにより、工事をスケジュール通り進めやすくなります。

日照時間の長さ

夏は一日の日照時間が最も長い季節です。そのため作業時間が長くなり、塗装工事がより早く終わりやすくなります。工事全体の期間を短縮することが可能です。

デメリット

塗料の粘度変化

夏は気温が高いため、塗料の粘度が変化しやすく、均一な塗装が難しいことがあります。そのため仕上がりに不均一さが生じる可能性があります。

施工中過ごしにくいと感じることがある

施工中は窓を閉め切り、室外機をビニールで覆われるためエアコンが使用できないことがあります。業者と話し合ってエアコンを使えるようにもできますが、工事中は生活に制限がかかるので過ごしづらく感じることがあります。

今回は夏の塗装工事につてご紹介しました。次回は秋の塗装についてお話していきます。