久留米中央店

外壁から粉が?これは一体何?劣化現象の1つであるチョーキングについてお話しします。

外壁に触れた際、白い粉が付いたことはありますか?それは“チョーキング現象”という外壁を守る塗膜が劣化したときに起こる劣化症状の1つです。

この症状が起こると外壁にどのような影響があるのでしょうか。今回はチョーキング現象についてお話していきます。

〇チョーキング現象ってどんなもの?

塗膜の劣化で引き起こされるチョーキングは、塗料の成分である樹脂(外壁をカバーする成分)が無くなり、顔料(色の粉)が浮き出てきた状態です。外部からの劣化要因(紫外線、雨、大気汚染など)からダメージを受けやすい状態になっているため、外壁材が傷む原因となります。

〇チョーキングが起こると建物にどんな影響がある?

雨水の侵入→塗膜の防水性能が失われているため雨水

が外壁材に浸透しやすくなります。また、カビやコケも生えやすくなります。

建物が脆くなる→塗膜の劣化で耐久性が低下した外壁は紫外線や太陽の熱のダメージを受けやすくなります。さらに劣化が進行すると、建物全体が脆くなってしまいます。

今回はチョーキング現象についてお話ししました。目に見える劣化現象のためチョーキングが起こったら塗り替え工事を検討される方が多いようです。外壁材を傷めないためにも定期的なメンテナンスを行いましょう。