久留米中央店

主な原因は屋根?雨漏れが起こりやすい箇所をいくつかご紹介します。

雨漏りは、屋外で降った雨が建物内に侵入する現象です。雨漏りが起こっているところをみたことがある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?でも天井や壁から雨水がポタポタと雨水が入ってくるため侵入箇所がどこからなのか分かりづらいですよね。では、雨水がどこから入ってくるのでしょうか?

〚雨漏りが発生しやすい箇所〛

・外壁のヒビ:外壁にできたヒビは経年劣化や気候の影響で出来たものであり、放置すると雨漏りの原因となります。表面だけでなく内部にもヒビが入っている場合もあるので注意が必要です。

・屋根の棟部分:屋根は建物の中でも最も過酷な環境にあります。紫外線や雨風にさらされやすく、見えない場所であるため異常に気づきにくく、雨漏りの原因としてよく知られています。

・ベランダ:大部分が野外にさらされるため、防水加工されているものの経年劣化で脆くなります。小さなヒビでも水が溜まり、亀裂を生じる可能性があります。

〚雨漏りの影響〛

雨漏りは外壁の塗膜を通り抜け、直接壁に水が当たってしまいます。放置すると建物自体が腐食し、塗装工事では修復が難しい最悪の状況に陥ることがあります。雨漏りを発見したら速やかに修理をすることが重要です。

雨漏りは早めに修理すれば被害を最小限に抑えられますが、原因の特定は専門家でも時間がかかるため、雨漏り修理は最も難しい作業の一つとされています。雨漏りが起きやすい場所を知っておくことは、大切なことです。次回は雨漏りが起きた際に出来る簡単な応急処置方法についてご紹介していきます。