久留米中央店

外壁塗装に必須!飛散防止ネットの役割とは?

飛散防止ネットは建物の工事によく使用される足場に張る大きなネットのことを指します。皆さんも工事中の建物を見たことがあるかと思います。大きなメッシュシートが建物を囲っていますよね。塗装工事でも飛散防止ネットが使用されており塗料の飛散などを防ぐ役割を果たします。以下に飛散防止ネットについてお話しします。

【飛散防止ネットの役割】

◎水や塗料の飛散を防ぐ…塗装作業では、高圧洗浄や塗料の使用が一般的です。高圧洗浄の水しぶきが周辺に飛び散らないように防ぐためや塗料の飛散を防ぐために使用します。

◎塗膜から汚れを守る…風で砂が塗膜に付いたり、塗料が乾ききる前に汚れが付着してしまうケースもあります。そのようなことが起こらないために飛散防止ネットで外壁を守ります。

◎作業道具の落下防止…職人が使用している道具が落下する可能性があるため、それらを防ぐために飛散防止が使用されます。周囲の通行人や他の作業員の怪我に繋がらないよう防止する役目があります。

今回は、飛散防止ネットについてお話ししました。安全に塗装工事を行うためにも飛散防止ネットは欠かせません。