久留米中央店

塗装工事を行わず放置すると外壁が脆くなることも… 劣化の放置は外壁材を腐食させる原因となります。

外壁には目に見える劣化現象が沢山あり、劣化を感じたら塗装工事を考えられる方が多いかと思います。一般的に塗り替え工事を行う目安としてチョーキング現象が出た時に塗り替えを行う方が多いようです。

ですが、劣化が起きても工事を先延ばしにしてしまう方も中にはいらっしゃいます。外壁をそのまま放置してしまうと住宅に大きなダメージを与えてしまい家全体を脆くさせてしまいます。以下にどのような影響があるかご紹介します。

●美観が損なわれる…劣化現象の中には外壁にヒビが入ったり、カビ・コケの発生があります。外観の美しさが欠け、見た目が悪くなってしまします。

●外壁材の腐食…劣化した外壁は防水効果や耐熱効果などの機能を失った状態で雨水、湿気などの侵入、太陽光の熱などを吸収しやすくなってしまいます。そのため外壁材を傷め腐食させてしまいます。

●工事金額の増量…劣化が酷い外壁を塗装する場合、塗装工事代と外壁材を補修するために補修工事代もかかってきます。そのため定期的に塗装工事を行っている住宅と金額が大幅に増えてきます。

今回は外壁の劣化を放置するとどのような影響があるのかをご紹介しました。外壁材が腐食すると家が脆くなってしまうので塗装工事は先延ばしにせず、定期的に行うことをおススメします。