久留米中央店

素材が違う!サイディングの種類を見てみよう

外壁材の1つにサイディングという種類があります。現在外壁材の中で最も人気を誇っているサイディングですが、様々な種類があることを知っていますか?一括りにサイディングと言っても使用されている素材は異なります。以下にサイディングの種類について簡単にご紹介していきます。

⒈業系サイディング

セメントに繊維などを混ぜて板状に成型された外壁材で、現在、新築の外壁材として70%以上使用されていると言われています。豊富なデザインと機能を備えており、優れた耐久性とコスト効率の高さが人気の理由です。

⒉金属系サイディング

断熱性を持つウレタンなどで金属板(ガルバリウムやアルミ)を裏打ちした外壁材です。金属独特のモダンでシャープな外観が特徴で、工場生産により均一で美しい仕上がりになります。ひび割れや凍害のリスクがなく、建物の軽量化による耐震性の向上が大きなメリットです。

⒊木質系サイディング

木質サイディングは、木の板材を加工して耐火性や耐虫性を高めた外壁材です。デザイン性に優れており、高級感を味わえる魅力があります。

⒋樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは、塩化ビニル樹脂を素材として取り入れ、軽量でありながらも高い耐久性を持つ外壁材です。アメリカが発祥地であり、最近では日本でも使用されるようになりました。凍害に強いため、厳しく寒い地域にも耐久出来るものになります。

今回はサイディング壁の種類についてご紹介しました。皆さんはどのサイディングが好みでしたか?