久留米中央店

外壁塗装がなぜ10年と言われるのか?

「外壁塗装は10年」という言葉を聞いたことはありますか?住宅の築年数や周囲の環境で塗膜の劣化具合は異なってきます。では、なぜ10年と言う期間が出てきたのでしょうか?今回は外壁塗装が10年と言われる理由についてお話していきます。

〇10年と言われる理由とは?

*よく使われる塗料の耐久年数が10年

現在外壁塗装によく使われている塗料はシリコン塗料と言われています。シリコン塗料の耐久年数は約8年~10年で、塗装工事から10年経つと丁度外壁の塗り替え工事が必要な時期になるからなのです。

*新築の塗り替えをする目安が10年

新築を建てる際、仕上げの塗装はアクリル塗料やウレタン塗料などの耐久性が低い塗料がよく使われており、築10年ほどになると目に見えやすいチョーキングやひび割れなどの劣化現象が出てくるからです。

塗料の耐久年数や劣化現象を知ることで塗装を行うタイミングとして分かりやすく、塗装工事が10年と言われるのもこれに関係するからです。

いかがでしたか?今回は外壁塗装が10年と言われる理由についてお話ししました。次回は10年おきに工事するメリットについてご紹介していきます。