久留米中央店

寿命が長い外壁材の魅力をご紹介!

外壁材の種類の中には塗装が不要な外壁材が存在し、それらは耐久性が高くメンテナンスコストを抑えることが出来るものになります。ほとんどの住宅は10年ほどで塗り替え工事が必要になりますが、一体どのような外壁材が塗装工事を不要とするのでしょうか?今回は塗装が不要な外壁材について以下にまとめてみました。

石材

特徴➡石材は自然の風合いや質感を活かした外観を持ち、豪華さや高級感を持っています。耐候性に優れ、変色や劣化が少ないため、長期間美観を維持できます。

耐用年数➡石材の耐久性は非常に高く、短くても30年、長くても100年以上の寿命が期待されます。正しい取り扱いとメンテナンスが行われれば、長期間にわたって塗装を必要としません。

ガルバリウム鋼板

特徴➡ガルバリウム鋼板は、鉄板に亜鉛とアルミニウムのめっきを施した耐食性に優れた素材です。軽量で強度が高く、さまざまなデザインに対応できるため、施工性も優れています。

耐用年数➡通常、ガルバリウム鋼板の耐用年数は30年ほどと言われています。正しい取り扱いと定期的なメンテナンスが行われれば、塗装を必要とせずに美観を保つことができます。

レンガ

特徴➡レンガは自然な風合いと耐久性を持ち、環境に優しい建材として人気があります。耐火性や断熱性にも優れており、内外装に幅広く利用されています。

耐用年数➡レンガの耐久性は非常に高く、50年ほどの耐久性を持ち、物によっては100年以上のものも存在します。適切な施工と定期的なメンテナンスが行われれば、塗装工事なしでも長期間美観を維持できます。

素材自体は高価なものになりますが、長く住宅の状態を守ることができ、トータルコストを抑えることが可能な外壁材になります。今回は塗装工事が不要な外壁材についてご紹介しました。