久留米中央店

雨を受け流す雨樋が破損すると…

 

住宅についている付帯の1つに雨樋があります。雨樋とは雨が降った際、屋根から流れる雨水を受け、一か所に集め流す役割を果たします。そんな重大な役目を果たしている雨樋ですが、破損することもあり、様々なトラブルを起こしやすくなります。今回は雨樋が破損すると起こるトラブルについてお話ししていきたいと思います。

 

⒈雨漏りの原因となる

雨樋は大量の雨水が外壁に直接当たらないようにする役割がありますが、雨樋が破損すると雨水を綺麗にキャッチすることが出来ず、外壁材に直接雨水がかかってしまいます。もし外壁にひび割れや目地の劣化があれば雨水が侵入しやすくなり、雨漏りが起きる可能性が高くなってしまいます。

 

⒉住宅の耐久性が失われる

雨樋が破損を起こすと雨水が外壁材に当たり、徐々に塗膜の防水性が失われてしまいます。塗膜が劣化するのは雨水に晒されることも原因の1つで住宅の耐久性が無くなってしまいます。

 

 

今回は雨樋が破損すると起こるトラブルについてお話ししました。見落としがちな付帯部分ですが破損に気づいたら早めの修理が大切です。