久留米中央店

外壁塗料の塗膜が劣化する主な原因 ~紫外線編~

建物は雨や風などでも劣化現象が起きますが、塗膜を破壊する劣化要因の代表として挙げられるのが紫外線です。人体に悪影響な紫外線は外壁材を守る塗膜も徐々に劣化させていきます。今回はそんな紫外線の影響について詳しくお話ししていきたいと思います。

  • 紫外線の影響とは?

・外壁の色あせ

紫外線は塗膜の表面を傷つけ、少しずつ劣化が進みます。初めに見られる劣化現象として、外壁色の色褪せ、変色が起こります。

 

・防水性が無くなる

外壁表面の樹脂が紫外線により無くなると顔料が表面に浮き出てきます。この現象が起こると塗膜の防水性が失われ、湿気や雨などの水分を吸いやすくなり雨漏りやカビの発生が起こりやすくなってしまいます。

 

・ラジカル(劣化因子)が発生する

塗膜には酸化チタンが含まれており、酸化チタンに紫外線が当たることによって発生したラジカルによって樹脂が損傷し、塗膜が劣化していきます。最近出てきたラジカル制御型塗料というのは、このラジカルを制御することで塗膜の劣化を防ぐ効果を持った塗料です。

 

 

紫外線は常に外壁や屋根に当たります。塗膜は日々劣化し続けるため定期的な塗装工事が必要です。今回は紫外線の影響についてお話ししました。